【オウム死刑執行】悔しさは、消えない 「もっと語ってほしかった」 遺族・被害者の思いは- - 産経ニュース

【オウム死刑執行】悔しさは、消えない 「もっと語ってほしかった」 遺族・被害者の思いは-

オウム真理教の松本死刑囚らの死刑執行を受けて、記者会見する被害者遺族の高橋シズヱさん=6日午前、東京都千代田区(三尾郁恵撮影)
 日本を震撼させた未曽有の無差別テロを起こしたオウム真理教の元教祖、麻原彰晃死刑囚(63)=本名・松本智津夫=ら7人に対する死刑が6日、執行された。平成7年の地下鉄サリン事件などの一連の事件では計29人が死亡。麻原死刑囚の逮捕から約23年を経ても、首謀者が自らの言葉で事件の真相を語ることはなかった。「その時が来た」「終わったね、と言ってあげたい」。遺族や被害者はそれぞれの区切りを受け止めた。
 「麻原死刑囚の執行は当然。その時が来た、それしかない」。執行を受けて会見した「地下鉄サリン事件被害者の会」代表世話人の高橋シズヱさん(71)は、静かに語った。
 営団地下鉄(現・東京メトロ)霞ケ関駅助役だった夫の一正さん=当時(50)=は、地下鉄事件でサリン入りの袋を片付けようとして命を落とした。
 「結婚24年の記念旅行の話をしているときに事件があった。今、事件から23年と数カ月。オウムに振り回された人生だった。それを思うと本当に悔しい」。そう話すと、涙を見せた。
 一正さんの代わりに真実を知ろうと、刑事裁判の法廷に足を運び、約500回傍聴。多くの死刑囚の横顔を見てきた。自己中心的。後悔が見える。教団を奪ったら壊れてしまいそう…。さまざまな姿があった。麻原死刑囚の不謹慎な態度も目に焼き付いている。
 一方、麻原死刑囚以外の6人については「今後のテロ防止ということで、もっと彼らにはいろいろなことを話してほしかった。それができなくなってしまった心残りがある」と話した。
×  ×  × 
 遺族や被害者の苦しみは今も続く。
 地下鉄事件に遭遇した浅川幸子さん(55)は「低酸素脳症」で全身まひが残り、今も寝たきりの状態だ。15年からは兄、一雄さん(58)の家族と生活していたが、昨年10月、けいれんを起こして入院。つらそうな表情を見せる妹に、一雄さんは心を痛める。
 今年4月の取材で「事件が薄れるのは当然。でも幸子は国の身代わりになった。政治を扱う人には忘れないでほしい」と話した一雄さん。「幸子や被害者が1人で生きられる環境を作ってほしい」と訴えた。
 ×  ×  × 
 目黒公証役場事務長逮捕監禁致死事件で父を亡くした仮谷実さん(58)は「死刑が執行されても父を殺された悔しさが消えることはない」と語った。
 死刑囚らが東京拘置所から移送されて以降、いつ執行されるのか気にかけていたという実さん。「麻原死刑囚は証言する気がなく、これ以上真実が究明されるのは不可能だと思っていた。法律の手続きに基づいて適切に死刑が執行されて安心している」と話した。
 「死刑は当然だが、恨みが心の中に残ってしまうだけなので、あまり考えないようにしていた」と話すのは東京都庁郵便物爆発事件で重傷を負った元都職員の内海正彰さん(67)。その上で「他の被害者や家族を亡くされた方の悲しみ、恨みは癒やされない。今後、死刑になったことで麻原が信者から英雄視されないか心配だ」とした。
×  ×  × 
 殺害された坂本堤弁護士=当時(33)=の母、さちよさん(86)は「事件が起きてから今まで、長い時間だった」とするコメントを発表した。
 坂本弁護士や妻の都子さん=同(29)、長男で当時1歳2カ月だった龍彦ちゃんには「『終わったね。安らかにね』と言ってあげたい」というさちよさん。「息子たちの救出活動に尽力してくれた方々には本当に感謝しております」と締めくくった。
 一方、坂本弁護士とともに教団を追及する活動をしていた木村晋介弁護士は「(後継団体の)ひかりの輪、アレフなどが残っており、事件は終わっていない」と話した。