裁判傍聴のジャーナリスト、青沼陽一郎氏「これからも『オウム』に対峙しなければならない」

オウム死刑執行
街頭のモニターでは麻原死刑囚らオウム真理教関係者の死刑執行のニュースが流れていた=6日午後、東京・秋葉原(三尾郁恵撮影)

 オウム裁判を傍聴してきたジャーナリストの青沼陽一郎氏の話「国会会期中の執行はないと考えており唐突で驚いた。遺族や関係者の中でも死刑を強く望む考えと否定する考えが分かれていた。実際に執行され複雑な思いを抱く人は多いだろう。オウム後継団体には今も麻原死刑囚の影響が大きい。教祖の遺体は象徴的な意味を持つ。執行後の神格化も懸念され、どの後継団体が遺骨を持つか注視すべきだ。後継団体は巨額の資産を持ち、再びテロを起こす下地もある。国や国民はこれからもオウムに対峙しなければならない」