【オウム死刑執行】「緊張が少し落ち着く」元幹部・上祐史浩氏が会見 - 産経ニュース

【オウム死刑執行】「緊張が少し落ち着く」元幹部・上祐史浩氏が会見

麻原死刑囚ら、オウム真理教関係者の死刑執行を受け会見する、教団の元幹部で、ひかりの輪代表の上祐史浩氏=6日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ(三尾郁恵撮影)
 松本智津夫死刑囚らの刑執行を受け、記者会見するひかりの輪代表の上祐史浩氏=6日正午ごろ、東京・霞が関の司法記者クラブ
 オウム真理教の後継団体とされる「アレフ」から、教団元幹部の上祐史浩(じょうゆう・ふみひろ)氏(55)が分派、設立した「ひかりの輪」が6日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見した。元幹部ら7人の死刑が執行されたことについて、上祐氏は「よりいっそう被害者賠償に努めるとともに、アレフの拡大抑止などの事件再発防止に努めていく」と語った。
 オウムの犯罪について、「私も当時、重大な責任を有していた。被害者・遺族に深くおわびを申し上げたい」と陳謝。麻原死刑囚に対しては「特段の思いはない。逆に麻原(死刑囚)を批判していたので『裏切り者』と思われ、この10年以上、緊張状態にあった。率直なところ、その緊張感が少し落ち着く」と述べた。