本紙掲載コラム 慰安婦問題の記述 調停不成立で終結 - 産経ニュース

本紙掲載コラム 慰安婦問題の記述 調停不成立で終結

 平成26年3月3日付の産経新聞に掲載したジャーナリスト、櫻井よしこ氏執筆のコラム「美しき勁き国へ」の慰安婦問題に関する記述に、事実に反する内容があり、名誉を毀損されたとして、元朝日新聞記者の植村隆氏が産経新聞社を相手に訂正広告の掲載などを求めて東京簡裁に申し立てた調停は2日、植村氏と産経新聞社との間で合意に至る可能性がないとの結論に達し、調停不成立で終結した。
 産経新聞社は6月4日付の櫻井氏のコラムで訂正を掲載したが、植村氏は同日、記者会見して訂正内容に不満を表明していた。
 植村氏は29年9月に調停を申し立て、以降、両者間で話し合いを続けていた。
 産経新聞社広報部の話「当社としては6月4日付訂正をもって、できる限りの対応はしたと考えております」