セクハラ疑惑、狛江市長「認識に差」改めて辞意表明

 
記者会見で辞職の意向を表明する東京都狛江市の高橋都彦市長=23日午前、狛江市役所

 東京都狛江市の高橋都彦(くにひこ)市長(66)が23日、記者会見し、複数の女性職員にセクハラをしたとされる疑惑について「受け手の取り方次第なので自分と認識に差があるが、認めなければならない」と述べ、辞職する意向を改めて表明した。また、セクハラ被害を受けたとして、市に抗議文を出した女性職員に謝罪する方針を示したものの、市によると、女性職員は個別で謝罪を受けることを拒否したという。

 報道陣が詰めかける中、会見に臨んだ高橋市長は冒頭、「受け手がハラスメントと思えばハラスメントになり、それを認めざるを得ない。勇気を持って、女性が名乗り出て主張されているので率直に認め、謝罪したい」と述べた。

 その上で「市政をこれ以上、混乱させたくない」などと述べ、支援者と相談して2週間以内をめどに辞職する方針を表明した。

 ただ、「性的関心を持って女性職員と接したことはない」「セクハラにあたる行為をしたという認識や心当たりはない」とも繰り返し、セクハラ行為に対する認識についてはこれまでと同様に否定した。

 さらに「宴席で尻を触られた」などと具体的な行為を記した抗議文を22日に市に提出した女性職員4人とは「認識のずれがある」と主張。ずれが生じた理由について、自身が男女問わず献杯する文化が残る九州(大分県別府市)出身者の“九州男児”だとした上で「文化的、年代間ギャップがあったかもしれない」などと持論を展開した。

 セクハラ疑惑をめぐっては、市長が女性職員2人に対し「腰に手を回したり、手を握ったりするセクハラ行為が確認できた」とする調査結果を水野穣(みのる)副市長らが公表し、高橋市長に辞職を迫っていた。

 23日の市長会見前、取材に応じた水野副市長は「4人に実名で抗議させる事態になったことは市の不徳の致すところ。再発防止に努めたい」と話した。