福田淳一氏のセクハラあった 財務省が会見で認定 退職金を減額

財務次官セクハラ疑惑
福田淳一前財務次官のセクハラを認定し、会見する矢野康治官房長(左)と伊藤豊秘書課長=27日、東京都千代田区(西村利也撮影)

 財務省は27日、女性記者へのセクハラを週刊誌に報じられ事務次官を辞任した福田淳一氏について、セクハラ行為があったと認定し、6カ月の減給20%の懲戒処分に相当すると正式に発表した。減給分を約5300万円の退職金から差し引く。

 矢野康治官房長が記者会見し「誠に遺憾で関係者に深くおわびする」と陳謝した。財務省の顧問弁護士が福田氏への聴取を3回行ったが、福田氏はセクハラ行為を否定し続けているとも説明した。女性と会ったことは認めているという。

 財務省の顧問弁護士が、女性社員の被害を公表したテレビ朝日の弁護士とすでに接触している。福田氏が否定する一方で、テレ朝側の主張を覆すだけの反証を提示していないと判断し、セクハラ認定に踏み切った。

 福田氏は疑惑を受け「職務を果たすのが困難だ」として辞任の意向を18日に表明。24日の閣議で承認された。