神鋼子会社でデータ不正か 原子力機構発表

神鋼データ改竄

 神戸製鋼所のデータ改竄(かいざん)問題で、日本原子力研究開発機構は14日、原発の燃料被覆管の腐食について分析を委託したコベルコ科研で、データに不適切な行為があった可能性が高いと親会社の神戸製鋼所から報告を受けたと発表した。元データと報告書の数値が違っていたり、元データがなかったりしたという。分析は核のごみの地層処分をめぐる安全審査に向けた基礎データで、報告書は平成24~26年度に原子力規制委員会に提出されていた。機構は神戸製鋼所に詳しい報告を求めている。