厚木市の女性殺害容疑 白石隆浩容疑者を再逮捕へ 所持品「処分した」

座間9遺体
白石隆浩容疑者がSNS(会員制交流サイト)を通じて千葉県の女性に送った自身の顔写真(女性提供)

 神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、警視庁高尾署捜査本部は神奈川県厚木市の三浦瑞季さん(21)に対する殺人や死体遺棄などの容疑で、白石隆浩容疑者(27)を27日にも再逮捕する方針を固めた。

 白石容疑者が三浦さんの所持品について「処分した」などと供述していることも判明。白石容疑者は別の女性2人に対する殺人などの容疑で逮捕されており、立件は3人目。捜査本部は残る被害者6人についても立件を目指す。

 捜査関係者によると、白石容疑者は8月下旬ごろ、座間市の自宅アパートで、ロフトにくくりつけたロープに三浦さんの首をかけ、つるすなどして殺害した疑いが持たれている。

 白石容疑者は三浦さんと8月13日に初めて会い、同月19日にはアパートの契約に必要な現金約50万円を三浦さんから借り、一緒に不動産会社を訪問していた。三浦さんはその直後の20日ごろから行方不明になり、白石容疑者は22日、このアパートに入居していた。

 これまでの調べで、白石容疑者は「アパートに入居して以降、9人を殺害した」などと供述。三浦さんは9人のうち、最初に殺害されたとみられる。