白石隆浩容疑者を再逮捕へ 横浜の女性殺害容疑

座間9遺体
白石隆浩容疑者(ツイッターから)

 神奈川県座間市のアパートから男女9人の切断遺体が見つかった事件で、警視庁高尾署捜査本部は11日、横浜市の女性に対する殺人と死体遺棄の疑いで、無職白石隆浩容疑者(27)を再逮捕する。

 一連の事件における白石容疑者の逮捕は3回目、立件対象となる被害者としては2人目となる。捜査本部は、残る7人についても、殺人容疑などでの立件に向け、捜査を進める。

 捜査関係者によると、白石容疑者は、10月18日にアルバイトを終えた後から行方が分からなくなった丸山一美さん(25)を自宅アパートで殺害し、遺体を遺棄した疑いが持たれている。現場の部屋のごみ袋から、所持していたとみられる携帯電話が見つかっている。

 被害者の大半は、ツイッターなどに自殺願望をほのめかす書き込みをしていたが、白石容疑者は9人全員の殺害を認めた上で「実際に死にたいと思っている人はいなかった」「襲った時に抵抗された」と供述。捜査本部は、殺意があったと判断したとみられる。