さいたま市教育長「辛いときはSOS出していいと伝えたい」

座間9遺体

 さいたま市の細田真由美教育長は20日の定例会見で、神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件の被害者の1人が公立高校に通うさいたま市北区の女子生徒(17)だったことを受けて「一人の人間として憤りを感じている」とコメントした。

 細田教育長は「生きていれば行き詰まってしまうことや辛いことがあると思うが、そういうときにSOSを出していいんだよと伝えていきたい。2度とこういうことが起こらないようにやれることをやっていく」と再発防止への思いを語った。