白石隆浩容疑者を殺人容疑で再逮捕 八王子の田村愛子さん殺害で

座間9遺体
座間アパートに9遺体事件で逮捕された白石隆浩容疑者

 神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、警視庁高尾署捜査本部は20日、最後に殺害されたとみられる東京都八王子市の田村愛子さん(23)に対する殺人容疑で、白石隆浩容疑者(27)=死体遺棄容疑で逮捕、同日付で処分保留=を再逮捕した。「私が単独でやったことに間違いありません」と容疑を認めているが、動機については「話しません」としている。捜査本部は今後、他の8人に対する殺人と死体遺棄容疑についても調べる。

 捜査関係者によると、白石容疑者は田村さんについて「身の上話をしてから隙を突いて殺した。話し相手が欲しいのだと感じた」と話しているという。「首を絞める際に抵抗された」とも供述しており、捜査本部は殺人の同意はなかったと判断、殺人容疑での立件に踏み切った。

 再逮捕容疑は、10月23日、座間市の自宅アパートの室内で殺意をもって田村さんの首を手で絞めるなどして失神させた上、ロープで輪を作り高所から首に輪を通すことで体をつり下げるなどし、窒息させて殺害したとしている。

 白石容疑者はこれまでの調べで「気絶させた上でロフトにくくりつけたロープに首をかけ、つるすなどして殺害した」と供述。アパートの室内からはクーラーボックスに入った遺体の一部のほか、田村さんのものとみられるバッグや身分証類が見つかっていた。

 田村さんは10月23日午後、白石容疑者とJR八王子駅で待ち合わせ、小田急線相武台前駅で降り、アパートへ向かう姿が防犯カメラで確認されていた。30日にアパートを訪れた捜査員が、クーラーボックスなどに入った切断遺体を発見。DNA型鑑定の結果、遺体は田村さんを含む10~20代の男女9人と判明した。