八王子市の田村愛子さんの殺人容疑で白石隆浩容疑者を捜査 残る1人は埼玉の26歳女性か

座間9人遺体
神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件の被害者で東京都八王子市の田村愛子さん(23)=小学校の卒業アルバムから

 神奈川県座間市のアパート一室から9人の切断遺体が見つかった事件で、警視庁高尾署捜査本部は6日、このうちの1人は東京都八王子市の田村愛子さん(23)と判明したと発表した。DNA型鑑定で確認した。事件で身元が特定されたのは初めて。また、身元特定の手がかりの得られていなかった1人が、埼玉県の女性(26)の可能性があることも判明。捜査本部は親族からDNA試料の提供を受けるなどして、全員の身元特定を急ぐとともに、白石隆浩容疑者(27)の田村さんへの殺人容疑での立件に向けて捜査を進めている。

 捜査本部によると、田村さんは白石容疑者とツイッターなどでやりとりしており、10月23日、JR八王子駅と現場アパート近くの小田急線相武台前駅で、白石容疑者と一緒にいる姿が確認された後、行方不明に。アパートからは、田村さんのものとみられるショルダーバッグなどの所持品が見つかっていた。白石容疑者は調べに、田村さんの殺害についても言及しており、今後詳しい経緯を調べる。

 白石容疑者の部屋から見つかった所持品や携帯電話の位置探査の記録などから、ほかに被害者の可能性が高いとされるのは福島、群馬、埼玉の3県の女子高生3人と埼玉県の女子大生(19)、神奈川県の女性(25)の5人。このほか、捜査本部は神奈川県の20代男性とその知人女性の2人、埼玉県の女性(26)についても身元に関する情報を得ており、被害者の可能性があるとみて確認を進めている。

 白石容疑者はツイッターなどのSNS(会員制交流サイト)を通じて、主に10~20代の女性らに接触。その後、自殺の手助けなどの名目で自宅アパートに誘い出していたとみられ、「9人を殺害し、死体を切断して遺棄した」などと供述している。