九州豪雨から2カ月 避難生活1200人に新たな不安 「みなし仮設住宅」で生活

 
福岡県朝倉市で建設中の仮設住宅=5日午後

 九州北部の豪雨災害は5日で発生から2カ月が経過した。被害が出た福岡、大分両県では同日現在、計約1200人が仮設住宅や行政が民間賃貸住宅を借り上げる「みなし仮設住宅」などで避難生活を送っている。被災者からは「新しい環境に慣れない」と不安の声も出ている。

 豪雨では36人が犠牲となり、今も5人の行方が分かっていない。家屋被害も多く、両県で全壊は計288戸、半壊は計1073戸に上った。福岡県朝倉市では依然、避難所5カ所に計145人が身を寄せている。仮設住宅は8月中旬から朝倉市と東峰村の計56戸で入居が始まり、残り計43戸も今月中旬に完成する予定。

 杷木小グラウンドの仮設住宅で暮らす農業、辻正拡さん(36)は「近所の人の声や換気扇の音が聞こえて落ち着かない。自分も迷惑を掛けていないか心配だ」と漏らした。