闇サイト殺人遺族の磯谷富美子さん基調講演詳報 「被害者が1人でも、私にとってはかけがえのない大切な娘」 残忍な殺害状況も子細に…

死刑制度廃止論
シンポジウムでは死刑制度をめぐり、犯罪被害者遺族の磯谷富美子さん(中央)らが意見を交わした =17日、東京都千代田区(滝口亜希撮影)

 犯罪被害者支援弁護士フォーラムが17日に開いたシンポジウムで、平成19年の「闇サイト殺人事件」で娘を奪われた磯谷富美子さん(65)は「加害者の更生という未来の不確定なことを前提にして裁くのではなく、まじめに生きている人を守ることを優先して裁く司法であってほしい」などと話した。磯谷さんの基調講演の内容は次の通り。(呼称などは発言のまま)

           ◇

闇サイトで集った男たちの凶行

 私の娘は、今から9年ほど前の平成19年8月24日から25日にかけて起きた強盗殺人事件の被害者となり、見知らぬ3人の男たちの手によって、31歳という若さで人生を終えました。

 彼らは「闇の職業安定所」というサイトを通じ知り合い、初めて顔を合わせてからわずか3日後の犯行でした。楽してお金を得ようと、まじめな若いOLを拉致し、(口座の)暗証番号を聞き出し、預金を引き出し、最後は殺すと決めて女性を物色。その彼らの目にとまった娘は自宅からわずか100メートルほどのところで拉致され、その2時間後には惨殺。遺体は山の中に捨てられていました。その数時間後に、(サイトで)人を集めた張本人である川岸(健治受刑者=無期懲役確定)の自首によって事件が発覚し、その日のうちに全員が逮捕されました。

 1審(名古屋地裁)の判決は被告3人の死刑求刑に対し、堀(慶末被告=闇サイト殺人事件で無期懲役確定、別の強盗殺人事件で1、2審死刑となり上告中)、神田(司元死刑囚=27年6月に執行)に死刑。川岸は自首減刑で無期懲役でした。被告3人も検察も控訴しましたが、後に神田が控訴取り下げ、神田の死刑が確定。そして去年の6月25日、娘の月命日に刑が執行されました。

 2審(名古屋高裁)判決は「被害者が1人である本件では、死刑選択がやむを得ないといえるほど悪質な要素があったとはいえない」とし、堀、川岸ともに無期懲役でした。検察は川岸の上告を断念し、川岸の無期懲役が確定。堀のみ上告していましたが、平成24年7月11日付で最高裁は2審判決を支持し、上告を棄却。堀の無期懲役が確定しました。

もの言わぬ娘、白無垢に見えた

 突然の悲報は当然、受け入れることなどできません。警察署で事件後、初めて会った娘はブルーシートに包まれていて、首から上だけが出ている状態でした。顔には何カ所も青あざが広がっており、ぱんぱんにむくんでいました。眉間や左頬、あごには傷があり、髪はまるでのりづけでもしたかのようにばりばりに固まって、大量の出血を想像させました。その左側頭部にはガーゼがあててあり、傷口を隠してありました。そんな娘の姿を見て、強く抱きしめると痛いのではないかと思い、そっとなでることしかできませんでした。当時のことはあまりよく覚えていませんが、後に姉から「もうお母さんがいるから大丈夫よ。安心して。もう怖くないからね」と言いながら、そっとなでていたと聞きました。しかし、今でもはっきり覚えているのは、頬をつけたときの娘の頬の異常な冷たさです。亡くなったという現実を突きつけられたショックが、記憶としてとどまったのかもしれません。

 警察署では顔の部分だけしか見ていませんでしたが、司法解剖を終え、もの言わぬ姿で帰宅した娘の両手首に内出血のような青あざが残っていました。娘の唯一の自慢は、父親譲りのきれいな手でした。その手が無残に変色し腫れているのを見ると、娘の恐怖が伝わってくるようで、何とも言えない悲しみに襲われたのを覚えています。後に刑事さんに、「手錠をかけられているだけであのように変色するものなのですか」と尋ねました。すると「抵抗が激しいとなります」とのことでした。どれほど怖かったことでしょうか、どれほど苦しかったことでしょうか、どれほど痛かったことでしょうか…。そして、どれほど生きたかったことでしょうか。顔の青あざを少しでも隠してあげたいと思い、姉と2人で化粧をしてあげましたが、その娘は白無垢をまとった花嫁のようでした。私には解剖の痕を隠すように頭を覆った綿のようなものが綿帽子に見え、白装束が白無垢に見えました。

生前、「一番の親不孝は親より先に死ぬこと」と…

 娘は本当にむごい殺され方をしました。神田に腕で首を絞められた後、堀はマスクのようにしたガムテープを口と鼻にはり、その上から手で押さえ、鼻をつまみ、息ができないようにしました。娘を早く殺してお金を手に入れたい堀は金槌を取り出し、娘の頭を3発殴打しました。その後にロープを首にまき、片方を川岸が、もう片方を堀がもって引っ張り合いました。うまく絞められなかったので、堀はその後、1人で首をしめました。

 その間、娘は「殺さないって言ったじゃない」「お願い、助けて」「死にたくない」「お願い、話を聞いて」と、途切れ途切れに絞り出すような最後の言葉を発しました。それを聞いても誰も躊躇することなく「まだ生きてやがる」と行動はますますエスカレートしていきました。顔面の縦横にガムテープを23周ぐるぐる巻きにし、頭からすっぽりレジ袋をかぶせ、その首元から頭にかけてガムテープで8周まわしてとめ、その後、神田はロープで首を絞めました。それでもおさまらずに神田は、もう痙攣がはじまっている娘に対し、その頭に30回から40回金槌を振り下ろしました。

 娘は3人がかりのために手足の自由を奪われ、抵抗することもできずに虫けらのように殺されていきました。警察は「生き埋めと同じだ」と言いました。死因は窒息死です。親として、我が子をこのような形で亡くすことほど辛く苦しいことはありません。娘も同じ思いです。娘は生前、親しい人に「一番の親不孝は親より先に死ぬことだから私は絶対にそんなことはしない」といったそうです。ですから、薄れゆく意識の中で1人残していく私のことを心配していたのではないかと思うと、胸が苦しくなります。

私が3人の死刑望むのは当然

 あえてむごい内容をお話ししたのは死刑反対と軽々しく口に出してほしくないからです。私が3人の死刑を望むのは当然のことです。ここにいらっしゃる皆さまも、最愛の人が何の関係も落ち度もないのにこのような形で命を奪われていったとしたら、同じ思いになるのではありませんか。それでも生きて償わせるとおっしゃるのでしょうか。(作家の瀬戸内寂聴さんが、死刑廃止をめぐる日本弁護士連合会のシンポジウムに寄せたメッセージの中で発言した)「殺したがるバカども」と罵倒されなければならないのでしょうか。この言葉は加害者に向けるべき言葉ではないでしょうか。

 1審の論告で検察は「この母親の切望に応えることこそ法に課された使命ともいうべきである」と言ってくれました。そして、「被告人らの死刑を望む遺族らの意思は被告人3名の量刑を決めるにあたって最大限に考慮されなければならない」。死刑は絞首刑で、娘と同じ窒息死です。同じことなら、同じやり方で刑を執行していただきたいです。しかし、せめて死刑判決をとの願いもむなしく、1人が死刑、2人が無期懲役で結審し、叶いませんでした。

 私の心に残ったのは娘の無念を晴らせなかった悔しさと、司法に対する不信感だけです。

別の強盗殺人事件でも逮捕

 彼らは暗証番号をなかなか言わない娘に対し、5分間のカウントダウンをして脅しました。娘は語呂合わせで「憎むわ」と読める「2960」という、嘘の暗証番号を彼らに伝えました。狭い車の中で自分よりもずっと体格の大きい見知らぬ3人の男たちに囲まれ、手錠をかけられ、包丁で脅された状態で嘘の暗証番号を選択した娘の心情を思うと、いたたまれない気持ちでいっぱいになります。神田はこの時の震える娘の状況を、友人に立ち上げてもらったブログで「ガッタガタのマグニチュード10」と表現しました。当然、誰もこんな状況で聞き出した暗証番号が嘘の番号だとは思いません。確認もせずに、すぐに命を奪ったのです。

 堀は死刑から無期懲役に減刑された途端、謝罪の手紙を送りたいという申し出もなくなり、何も言ってこなくなりました。本気で反省し、謝罪する気があったらこれまでに犯した犯行を自供していたはずです。現に堀を死刑から無期懲役に減刑した2審判決も堀に対し、「自らが行った行為に対し、正面から向き合って真摯に反省しているとまではいえない」としています。強盗殺人という重大事件を犯し、4年近くたっても反省できない人を、どうして更生の可能性があると判断できたのか、私には分かりません。

 堀は上告棄却で無期懲役が確定してから一月もたたないときに、娘の事件の9年前に犯した面識のない人を2人も殺害した強盗殺人事件で逮捕されました。また、その翌年には、娘の事件の1年前に起こした別の強盗殺人未遂事件で逮捕されました。これで2審の裁判官や犯罪心理鑑定士の「犯罪傾向は進んでいない。犯罪の親和性は低い」とした判断が誤りだったことが明らかとなります。この2つの事件の裁判では1審、2審ともに死刑判決が下されていますが、即日上告しています。

まじめに生きている人を守る司法に

 もう1人、自首減刑で無期懲役が確定した川岸は1審の判決が下されたその日の取材で「誰のおかげで事件が解決したかとの思いだったから満足している。今でも悪いことはばれなきゃいいという気持ちは変わらない」と答えています。

 これまでの裁判を通して、身勝手な欲のために何の関係も落ち度もない人の命を簡単に奪えるほど、善悪に対する根本的な考えが一般の人とは違うということを知りました。被告の1人は殺害行為は仕事感覚といいました。ゴキブリを殺すのと一緒だと。人はどのような人でも最低限の道徳心を持ち合わせていると思っていましたが、それは大きな誤りで、きれいごとでは済まされない、どうしようもない人間が存在することを認識する必要があります。

 このように考えると、加害者の更生という未来の不確定なことを前提にして裁くのではなく、まじめに生きている人を守ることを優先して裁く司法であってほしいと思います。私は大切な娘を亡くすという直接の被害以外に、さまざまな被害をこうむりました。その最大の被害は、二次被害は、司法の世界にありました。

 みなさまも一番大切な人を殺されたときにこのような言葉を聞いたらどう思われますでしょうか。裁判官の「被害者が1人である本件では死刑選択がやむを得ないと言えるほど悪質な要素があったとはいえない」。弁護人の「被害者が1人で死刑になった事件に比べると、この事件はそれほどひどい事件ではない」など、司法の世界ではごくごく当たり前の文言がどれほど私の心を傷つけたことでしょうか。

娘の命を奪ったのに、自らは守ろうとしてもらう

 主人を急性骨髄性白血病で亡くした後、当時、1歳9カ月だった娘を生き甲斐に、事件までの30年間をずっと一緒に暮らしてきました。私にとっては1人の被害者でも、かけがえのない大切な娘でした。計画的な無差別強盗殺人が死刑になるほど悪質ではないと。ではどんなことをすれば死刑相当の犯罪だというのでしょうか。被害者の数がそんなに重要なのでしょうか。何の目的で誰をどのようにしたかという犯罪内容が一番重要なのではないでしょうか。その中にこそ、犯した者の人間性のすべてがあらわれているのではないでしょうか。

 また、被害者の数を重要視する裁判官こそ、人の命を軽んじているのではないかとさえ思いました。また、裁判官の「殺害の態様が残虐性を増したのは、被告人らが想像しているよりも被害者が簡単に絶命しなかったため、殺害手段を次々に変えた結果である」という言葉は、残虐になったのは娘がさっさと死ななかったせいだと言われているような気がしました。残虐であろうとなかろうと最後は殺すという目的のために、どんな方法でもよかったんです。

 次の言葉は、2審の裁判の時に裁判長に向かって話した言葉です。「私はある日突然、見知らぬ3人の男たちによって、たった1人の家族である娘を惨殺され、亡くしました。そのことにより仕事を辞め、30年住んだ住居を去り、署名活動で多額の費用を使いました。娘はまじめに生きてきただけなのに、31歳という若さで強制的に人生を閉じられ、夢や希望、未来の全てを奪われてしまいました。片や、罪を犯した者は3食税金で食べさせてもらい、体調が悪いと(医師に)診てもらい、裁判では1人(の被告)に2人や3人の国選弁護人をつけてもらい、犯罪心理鑑定と手厚い弁護を受け、挙げ句に好き勝手な言動で遺族の心を逆なでする始末。娘の最後の言葉に耳を貸さずに命を奪ったのに、自らの命は守ろうとして叶えてもらいます。これってとてもおかしなことに思います」。

きれいごとでは社会秩序守れない

 3人の裁判官には遺族の気持ちは届かなかったようです。みなさまはどのようにお感じになられたでしょうか。司法の世界は一般人の私には理解できないことが多々あります。

 今回の日弁連の「2020年までに死刑制度を廃止しよう」との宣言もそうです。一般の方々はこの宣言を聞き、弁護士の多くは死刑反対だと思うでしょう。でも、よくよく新聞を読んでみたら、3万7000人の弁護士に対し、(人権擁護)大会出席者は786人。そのうち賛成は546人。全弁護士の1・4%です。案外簡単に日弁連の名の下に宣言ができるものだなと思いました。

 私は娘の事件で初めて裁判を傍聴しました。そのときから、弁護士に対する見方が変わりました。これまではテレビドラマで出てくる正義感の強い弁護士の姿を当たり前のように想像していましたが、裁判で見た弁護人は被告人の刑を軽くするためならどんな方法もいとわない共犯者として映りました。正義感など何も感じられません。弁護人は敵にしか見えませんでした。

 しかし、あすの会(全国犯罪被害者の会)の総会に出席して、被害者に寄り添う弁護士の方々の話を聞き、こんな弁護士もいるのかととても驚きました。そして感動し、元気をもらいました。

 死刑反対を唱える方々は、自分や自分の大切な人は絶対に犯罪に巻き込まれないとの前提の上で物事を考えているのではないでしょうか。想像力の欠如か、あるいはすべてがひとごとか。今や誰に降りかかってくるかもしれない世の中です。きれいごとでは社会秩序は守れません。

終身刑、誰が養うのか

 日弁連の木村保夫副会長は「犯罪被害者の声にしっかり耳を傾け、国民の理解を得る努力をしていく」とおっしゃいましたが、耳を傾けたら死刑を望む声が聞こえてくるはずです。そして多くの国民も死刑が必要と答えるでしょう。

 私が姉と2人で始めた3人の極刑を求める署名活動に多くの方が賛同し、33万2806名もの署名が集まったことでも分かります。死刑制度の廃止を目指す前に人権擁護大会でやっていただきたいのは、被害者やその家族の人権や処遇を、被疑者や被告人同様に憲法に明記していただくように働きかけていただくことです。奪われた命の尊さを、死んだ者には人権はないなどと、否定しないでください。死刑判決が下されるのは本当にわずかな犯罪だけです。よほどの罪を犯さなければ死刑にはなりません。確かに人が裁く以上、冤罪の危険性がないとはいえません。遺族も真犯人を野放しにするような冤罪は望んでいません。しっかり裁いてほしいと思っています。

 真実をしゃべらせ、その罪に見合う刑罰が科せられるよう働くのが弁護人の仕事と思っていましたが、どうもそうではなさそうです。死刑の可能性がある被告人に黙秘権を行使し、何も話さないようにすすめるなど、こんなやり方で刑が軽くなった被告人は犯した罪と向き合うこともせずに、刑を軽くするやり方を学び、もっと凶悪になっていくのではないでしょうか。

 終身刑といいますが、誰が彼らを死ぬまで養うのですか。それとも自給自足の生活を強いるのですか。そんなことをしたらまた人権人権と叫ぶのではありませんか。被害者遺族の税金も彼らの生活の足しになってしまいました。大切な人を殺され、死刑を望む遺族も彼らを生かすために協力しなければならないのですか。

 最後に死刑反対の方にお聞きしたいです。あなたの娘や息子の命、それに愛する家族の命を奪った加害者に対しても死刑反対と言えるのでしょうか。本当に親として家族の一員として反対に満足なのでしょうか。ひとごととしてではなく、自分に振り返ったらどうだろうと今一度お考えください。