「おじゃる丸」の声優、小西寛子さんをネットで中傷 容疑の男性を書類送検

 
長野中央署の前で報道陣の取材に応じる小西寛子さん=3日、長野市(三宅真太郎撮影)

 NHKの人気アニメ「おじゃる丸」の声を演じた声優でシンガーソングライターの小西寛子さん(40)をインターネット上で中傷したとして、長野県警長野中央署が、神奈川県相模原市の男性を名誉毀損(きそん)の疑いで長野地検に書類送検したことが19日、捜査関係者への取材で分かった。小西さんは同署に告訴し、今月3日に受理されていた。

 捜査関係者によると、男性は平成27年6月5日、インターネットの掲示板に小西さんを中傷する書き込みをした疑いがある。

 小西さんの所属事務所のオフィススクワレル合同会社(長野県信濃町)によると、平成27年4月末ごろから、短文投稿サイト「ツイッター」やインターネットの「まとめサイト」などに「元声優の小西寛子、ネット訴訟で損害賠償をせしめようとする」「NHKに高額なギャラを要求しておじゃる丸を干された」といった中傷の書き込みがあるのを事務所関係者が発見。

 その後、事務所側が「ツイッター」や事務所のブログを通して、中傷行為を止めるよう通知したが止まなかったため、小西さんと事務所関係者が県警に相談していた。小西さんと男性に面識はないという。

 今月3日、同署を訪れた小西さんは報道陣の取材に「書き込みは事実無根の内容で悪質な行為。絶対に許せない」と話していた。