産経ニュース

露極東演習「ボストーク18」始まる 中国軍初参加、冷戦後で最大規模

ニュース 国際

記事詳細

更新


露極東演習「ボストーク18」始まる 中国軍初参加、冷戦後で最大規模

11日開始した軍事演習「ボストーク2018」で、東シベリア・チタ州を走行するロシア軍の装甲兵員輸送車(ロシア国防省提供、AP) 11日開始した軍事演習「ボストーク2018」で、東シベリア・チタ州を走行するロシア軍の装甲兵員輸送車(ロシア国防省提供、AP)

 【モスクワ=小野田雄一】ロシアは11日、極東やシベリア地域での軍事演習「ボストーク(東方)2018」を開始した。17日までの演習には、中国軍とモンゴル軍も初参加。冷戦期の1981年以来、最大規模となる。ロシアには、中露接近をアピールし、対立する米国や北大西洋条約機構(NATO)、領土問題を抱える日本などを牽制する思惑があるとみられる。

 ロシアには西部・南部・中部・東部の4つの軍管区があり、各軍管区が毎年持ち回りで演習を実施。東部での開催は4年ぶり。

 イタル・タス通信などによると、演習には、30万人の兵力▽戦闘機や攻撃機、ヘリコプターなど航空戦力1千機▽3万6千両の戦車や装甲車▽約80隻の戦闘艦や支援艦-などが参加。中国軍からは3200人の兵力や24機のヘリ、6機の航空機が参加する。中国軍とモンゴル軍は、両国とロシアが国境を接するザバイカル地方のツゴル演習場で共同演習を行う。

 露国防省は「演習は純粋に防衛目的のもので、特定の国を想定したものではない」と強調。また「演習が(ウラジオストクで開幕した)東方経済フォーラムの日程と重なったことは偶然だ」としている。日本が懸念を表明していたクリール諸島(北方領土と千島列島)での演習は行われない予定。

 プーチン大統領はフォーラム後に演習を視察する。中国の習近平国家主席も視察に同席するとの観測もあったが、露大統領府は11日までに「外国要人の視察の予定はない」と明かした。

このニュースの写真

  • 露極東演習「ボストーク18」始まる 中国軍初参加、冷戦後で最大規模
  • 露極東演習「ボストーク18」始まる 中国軍初参加、冷戦後で最大規模
  • 露極東演習「ボストーク18」始まる 中国軍初参加、冷戦後で最大規模
  • 露極東演習「ボストーク18」始まる 中国軍初参加、冷戦後で最大規模
  • 露極東演習「ボストーク18」始まる 中国軍初参加、冷戦後で最大規模

「ニュース」のランキング