産経ニュース

対シリア、溝埋まらず 露・トルコ・イラン首脳協議 反体制派最後の主要拠点、イドリブ総攻撃も

ニュース 国際

記事詳細

更新


対シリア、溝埋まらず 露・トルコ・イラン首脳協議 反体制派最後の主要拠点、イドリブ総攻撃も

7日、イラン・テヘランで首脳会談前に握手する(左から)ロシアのプーチン大統領、イランのロウハニ大統領、トルコのエルドアン大統領(タス=共同) 7日、イラン・テヘランで首脳会談前に握手する(左から)ロシアのプーチン大統領、イランのロウハニ大統領、トルコのエルドアン大統領(タス=共同)

 【カイロ=佐藤貴生】シリア北西部イドリブ県でアサド政権が反体制派武装勢力への大規模攻撃を準備する中、内戦に関与しているロシア、トルコ、イランの首脳が7日、イランの首都テヘランで協議を行った。避難民の大量発生を懸念するシリアの隣国トルコは攻撃を行わないよう呼び掛けたが、ロシアは同意せず、イランも政権側を支持し、溝が埋まっていないことを示した。

 協議したのはロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領、イランのロウハニ大統領の3首脳。ロイター通信によると、エルドアン氏はイドリブを攻撃すれば「数百万人がトルコ国境へ向かうだろう」と自制を求めた。プーチン氏はトルコ側に理解を示しながらも、対象は国際テロ組織アルカーイダ系など和平協議の枠外の「テロリスト」だとして攻撃を支持。ロウハニ師も「全土の支配を回復すべきだ」とアサド政権を支える意向を示した。

 イドリブには2011年の内戦発生以降、政権側との交渉に応じて国内各地から撤退した武装勢力が集結。戦闘員は推計3万人に上り、内戦で最大規模の戦闘になると予想される。国連は80万人の避難民が出ると予測し、イドリブから避難する住民も出ている。

 ロイター通信によると、ポンペオ米国務長官の特別顧問は6日、「化学兵器を準備しているという多数の証拠がある」と述べ、アサド政権側を批判した。米政府は化学兵器が使用された場合、軍事攻撃に踏み切る可能性を示唆している。

このニュースの写真

  • 対シリア、溝埋まらず 露・トルコ・イラン首脳協議 反体制派最後の主要拠点、イドリブ総攻撃も

「ニュース」のランキング