産経ニュース

コソボとセルビア、領土交換案浮上 正常化交渉へ打開、EU内では懸念

ニュース 国際

記事詳細

更新


コソボとセルビア、領土交換案浮上 正常化交渉へ打開、EU内では懸念

 【ベルリン=宮下日出男】民族対立が続くバルカン半島のセルビアとコソボの間で、互いに関係が深い少数派民族が集まる地域を譲る「領土交換」案が浮上してきた。両国は欧州連合(EU)加盟を目指し、関係正常化の交渉を行っているが、交渉は難航中。領土交換でその打開を図る狙いだが、EU内ではむしろ周辺地域の不安定化を招くと懸念が強まっている。

 コソボがセルビアから一方的に独立後、両国は対立が続く一方、ともにEU加盟が悲願。EUはその前段として関係正常化を求め、交渉を仲介しているが、互いに抱えるアルバニア系、セルビア系の少数派民族の取り扱いが交渉難航の原因の一つとなっている。

 領土交換はこの打開のため浮上した。コソボ北部のミトロビツァなどセルビア人が多数派を占める地域をセルビアに、セルビア南部のプレセボなどアルバニア系住民の多い地域をコソボにそれぞれ譲る案が取り沙汰されている。

 両国首脳は具体的内容に言及していないが、セルビアのブチッチ大統領は「どこに属しているかわからないような領土は常に紛争の源になる」として前向き姿勢。コソボのサチ大統領も「国境の修正」に一定の理解を示している。

続きを読む

「ニュース」のランキング