産経ニュース

「良い子演じるだけでは台湾の利益にならない」 台湾の陳水扁元総統独占インタビュー詳報

ニュース 国際

記事詳細

更新


「良い子演じるだけでは台湾の利益にならない」 台湾の陳水扁元総統独占インタビュー詳報

インタビューに答える陳水扁氏 インタビューに答える陳水扁氏

 台湾の陳水扁(ちん・すいへん)元総統は産経新聞の単独インタビューで、蔡英文(さい・えいぶん)政権の対中政策について「良い子を演じるだけでは台湾の国益にならない」との考えを強調した。主なやりとりは以下の通り。(聞き手 矢板明夫)

 --現在の体調はどうか。どのようなことに関心があるのか

 「脳神経の病気で体のあちこちに痛みがあり、手の震えが止まらない。もうぼろぼろだ。しかし、私は自分の体のことよりも、祖国のことを心配している。台湾はいま、大変危機的な状況にある。どんなことがあっても、中国共産党が台湾を支配するようなことがあってはならない。台湾の民主主義と自由を守るために自分のすべてをささげる」

 --中国は台湾と外交関係のある国を次々と奪っている

 「国際社会における台湾の存在を抹消したいのが北京の一貫した考え方だ。習近平政権になってから、手口がさらに強引になった。空母や戦闘機を台湾周辺に派遣するなど軍事的圧力も強めてきた。中国が武力で台湾を侵攻する可能性は以前と比べて高くなった」

 --蔡政権の対中政策をどう評価するか

 「蔡政権は中台関係の現状を維持すると主張している。しかし、現状を変えようとしているのは中国の方だ。守りだけでは限界があり、もっと積極的に攻める外交を展開しなければならない。私の総統在任時には、中国と国交のある国を奪い返す努力もし、4つの国と国交樹立に成功した。国際大会で『一辺一国』(中台はそれぞれ別の国)という発言もした。中国を刺激したので、米国からも“トラブルメーカー”と批判されたが、良い子を演じるだけでは台湾の国益にならない」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「良い子演じるだけでは台湾の利益にならない」 台湾の陳水扁元総統独占インタビュー詳報
  • 「良い子演じるだけでは台湾の利益にならない」 台湾の陳水扁元総統独占インタビュー詳報

「ニュース」のランキング