産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


米台の議会議長が10年ぶり会談

8月31日、米ワシントンでライアン米下院議長(右)と会談する台湾の蘇嘉全立法院長(左)=立法院提供 8月31日、米ワシントンでライアン米下院議長(右)と会談する台湾の蘇嘉全立法院長(左)=立法院提供

 【台北=田中靖人】台湾の立法院(国会に相当)は2日、蘇嘉全(そ・かぜん)立法院長(国会議長)がワシントンでライアン米下院議長(共和党)と会談したと発表した。台湾の外交部(外務省)によると、米台の議会議長の会談は2008年以来10年ぶり。

 蘇氏は1日に行われた共和党重鎮マケイン上院議員の告別式に参列するため、就任後初めて米国を訪問していた。会談は8月31日に行われた。蘇氏は上院外交委員会のガードナー東アジア・太平洋小委員長(共和党)とも会談した。詳細は明らかにしていないが、台湾海峡の平和と安定の維持に対する両氏の努力に謝意を示したという。

 一方、台湾の陳時中(ちん・じちゅう)衛生福利部長(厚生相)も8月末、アザー厚生長官とワシントンで面会した。議会交流は米台高官の相互訪問の促進を定めた台湾旅行法の対象外だが、台湾側は一連の会談を米台関係強化の一環として注目している。

「ニュース」のランキング