産経ニュース

【加藤達也の虎穴に入らずんば】「北朝鮮に資金支援している」中国に不満のトランプ声明、日本は大丈夫か?

ニュース 国際

記事詳細

更新

【加藤達也の虎穴に入らずんば】
「北朝鮮に資金支援している」中国に不満のトランプ声明、日本は大丈夫か?

 トランプ米大統領(ロイター)  トランプ米大統領(ロイター)

 北朝鮮に資金や物資、燃料を支援している!と中国への不満をぶちまけたトランプ大統領のツイッター声明が、日本国内のいろいろなところにさざめきを広めている。

 その一つが金融機関だ。外事警察から金融機関のコンプライアンス(法令順守)部門に転職した知人は「日本も対岸の火事で済む話ではない」と心配する。理由はこうだ。

 (1)トランプ氏は対北制裁の解除を北との非核化交渉の取引材料の一つに据えている(2)日本は米国や国際社会に制裁を働きかけ、瀬取(せど)り監視などで具体的、積極的な役割を担ってきた(3)万が一、日本からカネや物資が北朝鮮に流れているとトランプ氏が認識すれば、日本の努力が形だけのものと取られかねず、むしろ制裁を骨抜きにする裏切りだと評価される(4)結果的に貿易不均衡問題など負の側面を抱える日米関係で米国に弱みを握られたあげく、対北協調に亀裂が入る。

 ただ、(3)のようなことが実際に、あるのかどうか。金融機関の知人によれば「ある、ない、ではなく疑われることが問題。現に金融庁はそれを懸念し、ピリピリしている」と指摘する。

                   

 テロ資金の国境を越えた移動や犯罪収益のマネーロンダリング(資金洗浄)対策の国際協調を進めるFATF(ファトフ)(金融活動作業部会)という政府間機関がある。主要7カ国(G7)を含む30カ国以上が加盟し、特定国への勧告・指導を行ってきたが、日本の取り組みに対する評価は極めて厳しい。過去、日本は「マネーロンダリング天国」の汚名を受けてもいる。

続きを読む

「ニュース」のランキング