産経ニュース

北京で日中財務対話 金融協力の具体化議論 中国は「一国主義エスカレート」と米牽制

ニュース 国際

記事詳細

更新


北京で日中財務対話 金融協力の具体化議論 中国は「一国主義エスカレート」と米牽制

 日中財務対話に臨む中国の劉昆財政相(右)と麻生財務相=31日、北京の釣魚台迎賓館(共同)  日中財務対話に臨む中国の劉昆財政相(右)と麻生財務相=31日、北京の釣魚台迎賓館(共同)

 【北京=西見由章】日中両政府は31日、財政当局幹部らが政策運営を協議する財務対話を北京の釣魚台迎賓館で開いた。10月に訪中を予定する安倍晋三首相と習近平国家主席との首脳会談に向けて、両国が合意している金融協力の詰めの協議を行う。今回、双方の金融当局幹部が初参加した。

 中国側としてはトランプ米政権との貿易摩擦が激化する中、「反保護主義」を旗印として日本との連携を強める構えだ。中国の劉昆財政相は冒頭、世界経済の情勢をめぐり「一国主義や保護主義がエスカレートしている」と米国を牽制(けんせい)。日中両国は「共同で地域の経済、金融の安定を維持し、多国間貿易体制を支持する責任を負う」と主張した。

 麻生太郎副総理兼財務相は、両国で合意している金融協力について「次回の首脳会談までには具体的な成果が出せるよう作業を進めたい」と意欲を示した。

 今年5月に訪日した中国の李克強首相と安倍首相との首脳会談では、緊急時に互いの通貨を融通する「通貨交換(スワップ)協定」の早期再開などで合意。日本の機関投資家に人民元建て投資枠を設ける制度の設置なども決まっている。

このニュースの写真

  • 北京で日中財務対話 金融協力の具体化議論 中国は「一国主義エスカレート」と米牽制
  • 北京で日中財務対話 金融協力の具体化議論 中国は「一国主義エスカレート」と米牽制

「ニュース」のランキング