産経ニュース

【目良浩一の米東海岸レポート(3)】海外で慰安婦問題の理解が進まない理由は日本政府の「ダブルスタンダード」にあった

ニュース 国際

記事詳細

更新

【目良浩一の米東海岸レポート(3)】
海外で慰安婦問題の理解が進まない理由は日本政府の「ダブルスタンダード」にあった

米カリフォルニア州グレンデール市にある慰安婦像=2014年1月 米カリフォルニア州グレンデール市にある慰安婦像=2014年1月

 ■グレンデール慰安婦像設置5周年記念行事

 7月30日、米カリフォルニア州グレンデール市で慰安婦像の設置5周年を記念する式典が行われた。市の協力を得て、「韓国系米国人フォーラム」(KAFC)が開催した。

 式典には元市長で慰安婦像設置の推進者だったフランク・クインテロ氏、元市会議員で現在はカリフォルニア州議のローラ・フリードマン氏、現市長のザレ・シナンヤン氏らが参加した。

 KAFCによると、最近、千葉明・駐ロサンゼルス総領事とみられる日本政府関係者が複数の市議会の有力者に像撤去を要請している。しかし、市議らは記念式典で、慰安婦像の保存・維持する決意を表明した。

 グレンデール市の慰安婦像をめぐっては、私が理事長を務める「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT-US)」が2014年に撤去を求めて市を提訴した。最高裁判所にまで上訴した際には、日本政府がわれわれを加勢する意見書を提出したが、17年3月に敗訴が決定した。

 その後、千葉総領事の活動が活発になった。同年夏には、日本の学者が総領事と共にシナンヤン市長を訪れ、「性奴隷」説が捏造であることを解説した。また、その後、同市内にある東大阪市が寄贈した日本庭園を政府のプログラムで日本の造園技師を派遣して大幅に改修・改善した。今年4月には桜祭りを開催し、総領事が市長と共に桜の木の植樹祭を行った。

 市側は、もらえるものは全てもらおうとする態度のようである。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング