産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


一帯一路提唱5周年 習近平氏が新国際秩序作りを強調

習近平氏=6月21日、北京(AP)  習近平氏=6月21日、北京(AP) 

 【北京=藤本欣也】中国の習近平国家主席が現代版シルクロード経済圏構想として「一帯一路」を提唱してから5年になるのを記念し、北京の人民大会堂で27日、「一帯一路推進5周年座談会」が催された。

 習氏は重要講話を発表し、一帯一路について「世界の統治システムを改革するために新たな構想とプランを提供したものだ」と意義を強調、中国主導による新たな国際秩序作りに改めて意欲を示した。

 一帯一路をめぐっては、習氏が2013年9月7日、カザフスタンで「シルクロード経済ベルト(一帯)」の共同建設構想を発表。10月には、インドネシアで「21世紀の海上シルクロード(一路)」の共同建設を提唱した。以後、統合されて一帯一路と呼ばれるが、最近は“脱シルクロード化”が進み、中国はオセアニアや中南米地域などからも参加国を募り、巨大経済圏の構築を目指している。

「ニュース」のランキング