産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新

【主張】
米長官の訪朝中止 非核化せぬ交渉無意味だ

 ポンペオ米国務長官が予定していた4回目の北朝鮮訪問が取りやめとなった。トランプ大統領が指示した。

 トランプ氏は、その理由として「朝鮮半島の非核化に十分な進展が見られないと感じた」と説明した。現状はこの一言に尽きるだろう。

 北朝鮮は6月の米朝首脳会談で、「完全な非核化」を確約した。だが、核・弾道ミサイルの廃棄に向けた具体的な行動は一切取っていない。

 核兵器の搬出どころか、保有状況の申告もしていない。核、ミサイル実験を行っていないというだけだ。訪朝中止は当然である。

 ポンペオ氏は非核化のための交渉にあたっている。だが、前回の訪朝では、北朝鮮は、当然の要求を「強盗的」と反発した。

 北朝鮮が真摯(しんし)な姿勢を見せないなら、交渉の続行は有害ですらある。北朝鮮は核戦力を温存したまま時間を稼ぎ、中国やロシアを「後ろ盾」に自国有利の状況をつくりだそうとしている。

 トランプ氏は、首脳会談やその後の米朝交渉について、「大成功」「順調」と繰り返してきた。11月の米中間選挙を意識してのことだろう。

 だが、もはや言い繕えないと判断したのではないか。国務長官の重要日程が突然中止となるのは異例である。

続きを読む

「ニュース」のランキング