産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


就職難の韓国で人材発掘 日本企業、釜山で説明会

25日、韓国の釜山市で開かれた日本企業の就職説明会で大学生の面接試験に応じる北海道の企業「北拓」(共同) 25日、韓国の釜山市で開かれた日本企業の就職説明会で大学生の面接試験に応じる北海道の企業「北拓」(共同)

 大学新卒者の就職率が6割程度にとどまる韓国の在日本大使館が25日、日本での就職を支援する説明会を韓国南部の釜山市で開いた。若者の人材不足が指摘される日本から約40の企業が参加し、有望な人材を採用するため現地で面接試験も行った。

 韓国教育開発院の2016年末時点の統計では、韓国の大学新卒者の就職率は約64%。近年は90%を超えている日本と比べ、就職の門戸は狭い。

 風力発電のメンテナンス事業を手掛ける北海道旭川市の「北拓」は、25日の面接で2人の内定を決めた。採用担当の近藤大輔さん(40)は「日本は人材難のため、文化の近い韓国でやる気のある人を積極的に採用している」と話した。

 説明会に参加した大学3年生のハ・ホンウさん(24)は「日本では韓国ほど大学のレベルが選考に影響しないので関心がある。日本での就職に否定的な父親を説得してでも採用試験を受けたい」と意気込みを語った。(共同)

このニュースの写真

  • 就職難の韓国で人材発掘 日本企業、釜山で説明会

「ニュース」のランキング