産経ニュース

「物品役務相互提供協定」協議開始で合意 日印防衛相会談

ニュース 国際

記事詳細

更新


「物品役務相互提供協定」協議開始で合意 日印防衛相会談

会談する小野寺防衛相(左から2人目)とインドのシタラマン国防相(右端)=20日、ニューデリー(共同) 会談する小野寺防衛相(左から2人目)とインドのシタラマン国防相(右端)=20日、ニューデリー(共同)

 【ニューデリー=森浩】インド訪問中の小野寺五典(いつのり)防衛相は20日、ニューデリーでシタラマン国防相と会談した。2国間でのさらなる連携強化を確認し、自衛隊とインド軍との間で食料や燃料を融通する「物品役務相互提供協定」(ACSA)の締結に向けた調整作業を行うことで合意した。

 両国の防衛相会談は昨年9月以来。日本政府が提唱する「自由で開かれたインド太平洋戦略」を推進するために関係を深化させることで一致。共同訓練実施に向けた協議が進展していることなどが確認された。

 小野寺氏は同日、モディ首相とも面会し、同戦略について意見を交換した。小野寺氏は記者団に「安全保障分野の日印協力は地域の安定にとっても重要だ」などと話した。

 小野寺氏は21日にはスリランカを訪問し、中国の支援で完成したハンバントタ港などを視察する予定。

「ニュース」のランキング