産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


フィジー沖でM8・2 被害や津波の恐れなし

 米地質調査所(USGS)によると、南太平洋の島国フィジー沖で19日午後0時19分(日本時間午前9時19分)ごろ、マグニチュード(M)8.2の地震があった。ロイター通信はUSGSの担当者の話として、震源が約560キロと深いことから被害は出ないとみられると伝えた。

 ロイターによると、米ハワイの太平洋津波警報センターは津波発生の恐れはないと分析。日本の気象庁も日本への津波の心配はないとみている。フィジー当局者も、揺れは広い範囲で感じられたが、被害の報告はないとしている。

 震源はフィジー東部オバラウ島の東約270キロ。

 フィジー沖ではその後も地震が相次ぎ、同日午後4時29分(日本時間午後1時29分)ごろには、M6.8の地震があった。震源は首都スバの東北東約398キロで深さは約423キロ。(共同)

「ニュース」のランキング