産経ニュース

【福島第1原発事故】福島原発の除染作業員に被曝の危険 国連人権理事会、日本政府に保護策要求

ニュース 国際

記事詳細

更新

【福島第1原発事故】
福島原発の除染作業員に被曝の危険 国連人権理事会、日本政府に保護策要求

東京電力福島第1原発=2月(共同通信社ヘリから) 東京電力福島第1原発=2月(共同通信社ヘリから)

 【ジュネーブ=三井美奈】東京電力福島第1原子力発電所の事故をめぐって、国連人権理事会の特別報告者は16日に声明を発表し、除染作業員が被曝(ひばく)の危険にさらされているとして懸念を表明した。「日本政府は緊急に保護策をとるべきだ」と要求した。

 声明は被曝の危険にさらされた作業員は「数万人」にのぼると明記。「作業員には、ホームレスや外国人労働者、難民申請中の人たちが含まれているとの情報がある」と指摘したうえで、搾取されている可能性があるとして「強い懸念」を表明した。

 

 外務省は17日、同声明に関し「一方的な申し立てに基づく声明は、いたずらに不安をあおり混乱を招く。風評被害に苦しむ被災地の人々をさらに苦しめかねず遺憾だ」とのコメントを出した。

「ニュース」のランキング