産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国仏教協会トップ辞任 セクハラ疑惑で調査

 学誠氏  学誠氏

 中国仏教協会は15日、会長の学誠氏の辞任を承認した。中国政府が、同氏による尼僧への性行為強要や横領といった疑惑の調査を始めていた。

 15日の理事会で辞任を承認した。辞任の理由は明らかにしていない。同協会の会長は国の宗教政策にも携わり「仏教界のドン」とも呼ばれる。

 インターネットに流出した告発文によると、学誠氏は修行と称して尼僧に性交渉を求めたり、信者から集めた資金を横領したりした疑いがあるという。(共同)

「ニュース」のランキング