産経ニュース

【歴史戦】韓国で慰安婦問題研究所が開所 所長は日韓合意反対派

ニュース 国際

記事詳細

更新

【歴史戦】
韓国で慰安婦問題研究所が開所 所長は日韓合意反対派

「日本軍『慰安婦』問題研究所」の開所式で記者団の質問に答える鄭鉉栢女性家族相(右)。中央は金昌禄所長=10日、ソウル(共同) 「日本軍『慰安婦』問題研究所」の開所式で記者団の質問に答える鄭鉉栢女性家族相(右)。中央は金昌禄所長=10日、ソウル(共同)

 【ソウル=桜井紀雄】慰安婦問題に関する体系的研究を担う韓国政府の「日本軍『慰安婦』問題研究所」が10日、ソウルに開設され、開所式が行われた。所長には、2015年の慰安婦問題をめぐる日韓合意の「即刻、無効化」を主張する慶北(キョンプク)大の金昌禄(キム・チャンノク)教授が就任した。

 文在寅政権が慰安婦問題の「記念日」と定めた14日には、中部の国立墓地で元慰安婦らの追悼碑の除幕式が開かれるほか、記念公演や特別展などさまざまな行事が予定され、日韓合意の見直しを求める動きが一層強まる懸念もある。

 開所式で、金氏は「慰安婦問題は普遍的な女性の人権と平和の問題であり、被害国の韓国が研究を行うのは当然だ」と述べ、研究所と日韓合意は無関係だと強調した。研究所開設に絡み、日本政府は10日までに外交ルートを通じ、韓国側に合意の理念に反することがないよう求めた。

 研究所は、慰安婦問題に関する国内外の資料の収集やデータベース化を進め、保存価値があると判断された資料を「国家記録物」に指定するための支援も行う。元慰安婦の証言を外国語に翻訳して国際社会への発信にも取り組むという。

 日韓合意をめぐっては、元慰安婦の支援団体が、合意に基づき設立された「和解・癒やし財団」の「即刻解散」を求めるデモを開くなど、破棄要求を続けているが、研究所の開所式にも出席した鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)女性家族相はこの団体の活動を支援していく考えを示している。

このニュースの写真

  • 韓国で慰安婦問題研究所が開所 所長は日韓合意反対派
  • 韓国で慰安婦問題研究所が開所 所長は日韓合意反対派

「ニュース」のランキング