産経ニュース

【激動・朝鮮半島】朝鮮戦争の遺骨返還式典にペンス副大統領が参加へ 国防長官、「全ての遺骨返還」へ本格取り組み表明

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激動・朝鮮半島】
朝鮮戦争の遺骨返還式典にペンス副大統領が参加へ 国防長官、「全ての遺骨返還」へ本格取り組み表明

ペンス米副大統領(ロイター) ペンス米副大統領(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米ホワイトハウスは27日、ハワイ州で8月1日に予定される、朝鮮戦争で死亡した米兵の遺骨が北朝鮮から返還されたことを祝う式典にペンス副大統領が出席すると発表した。

 ペンス氏は声明で「朝鮮戦争から帰還した退役軍人の息子として、歴史的瞬間に立ち会えるのことに非常に恐縮している」とした。

 一方、マティス米国防長官は27日、記者団に対し、北朝鮮による米兵遺骨の返還は、北朝鮮領内に残されている全ての遺骨の収集作業の再開に向けた「最初の一歩だ」と指摘し、残る遺骨の捜索の本格化に向け、国防総省の調査団を北朝鮮に派遣することを検討していると明らかにした。

 マティス氏は、北朝鮮が当初は200体分の遺骨を返還すると表明していたにもかかわらず、実際に返還されたのは約55体分だったことに関しては「北朝鮮が米朝首脳会談での約束を履行した」との事実を重視し、それ以上は追及しない立場を示した。

 また、北朝鮮が遺骨を小出しにして非核化プロセスの停滞を狙っているとの指摘に対しては、遺骨返還問題は「(非核化)交渉と無関係だ」と強調した。

 マティス氏はさらに、返還された遺骨の身元特定には「時間がかかる」とし、同じく朝鮮戦争に参加したオーストラリアやフランスの兵士の遺骨であると判明する可能性もあるとした。

「ニュース」のランキング