産経ニュース

【トランプ政権】米高官、タリバンと会談 和平交渉地ならしか

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
米高官、タリバンと会談 和平交渉地ならしか

 米政府高官が今週、カタールの首都ドーハで、アフガニスタンの反政府武装勢力タリバン関係者と会談していたことが分かった。米国とタリバンによる直接の和平交渉に向けた地ならしとみられる。米紙ウォールストリート・ジャーナルが27日までに関係者の話として伝えた。

 会談に出席したのは、米国のウェルズ国務次官補代行(南・中央アジア担当)と、タリバン政治部門の担当者ら。6月に3日間にわたり実現した停戦を長期的な和平につなげる方策について意見を交わしたとみられる。

 米政府はこれまで、アフガン政府とタリバンの和平協議を支援する立場を取ってきたが、治安が好転する気配は見えない。米軍の早期撤退を目指すトランプ大統領は、アフガン戦略を見直して直接交渉に乗り出すとの観測が強まっている。(共同)

「ニュース」のランキング