産経ニュース

【中東見聞録】次のガザ戦争は近い? 「燃える凧」作戦で危機煽ったハマス、イスラエルはやられたらやり返す

ニュース 国際

記事詳細

更新

【中東見聞録】
次のガザ戦争は近い? 「燃える凧」作戦で危機煽ったハマス、イスラエルはやられたらやり返す

6月4日、ガザ中部のイスラエル境界付近で、燃焼物を結びつけた凧を飛ばすパレスチナ人の若者ら。子供も手伝っている(ロイター) 6月4日、ガザ中部のイスラエル境界付近で、燃焼物を結びつけた凧を飛ばすパレスチナ人の若者ら。子供も手伝っている(ロイター)

 パレスチナ自治区ガザを支配するイスラム原理主義組織ハマスとイスラエルの間では、数年に一度の頻度で“戦争”が起きているが、このところ、次の戦火が近いとの観測が浮上していた。厳しい経済封鎖下にある中、ハマスは、燃焼物を結びつけた凧(たこ)や風船をイスラエル領に飛ばすという新たな抵抗手段を編み出し、住民らを動員。これがイスラエル側を刺激して報復空爆につながるなど緊張が高まっている。(前中東支局長 大内清)

「被害者」をアピール

 ガザでは3月末以降、イスラエルとの境界フェンスを乗り越えようとするデモ行進が続いている。ガザ住民の大部分を占めるパレスチナ難民が、イスラエル領内にある「父祖の地」に帰還する-とのスローガンを掲げた運動だ。米大使館のエルサレム移転に対する反発も相まって大規模化し、多くの住民が境界線をはさんでイスラエル軍と対峙。これまでにイスラエル側からの発砲や催涙弾でパレスチナ人百数十人が死亡、1万数千人が負傷した(イスラエル側では、ガザからの銃撃で兵士1人が死亡)。

 凧や風船を使う手法は、その中で生まれた。火炎瓶などを結びつけてイスラエル側へ飛ばし、畑や森林に火を放ってイスラエル側を消耗させるためだという。

 ただ、イスラエルはガザ周辺で厳重な監視態勢を敷いており、延焼範囲は、デモを動員しているとみられるハマスが期待するほどには広がっていない。

 しかも、イスラエルは必ず、やられたらやり返す。

続きを読む

このニュースの写真

  • 次のガザ戦争は近い? 「燃える凧」作戦で危機煽ったハマス、イスラエルはやられたらやり返す

「ニュース」のランキング