産経ニュース

北京の米国大使館前で爆発 陳情者?26歳男が起爆・負傷 焼身自殺未遂の女性も

ニュース 国際

記事詳細

更新


北京の米国大使館前で爆発 陳情者?26歳男が起爆・負傷 焼身自殺未遂の女性も

26日、北京の在中国米国大使館付近で、爆発事件が起きた現場の路上を清掃する当局関係者ら(西見由章撮影) 26日、北京の在中国米国大使館付近で、爆発事件が起きた現場の路上を清掃する当局関係者ら(西見由章撮影)

 【北京=西見由章】中国・北京の米国大使館付近の路上で26日午後1時(日本時間同2時)ごろ、爆発が発生した。警察当局の発表によると、内モンゴル自治区出身の男(26)が爆竹のような装置に火を付けて起爆させ、男は手を負傷し病院に搬送された。

 中国外務省の耿爽(こう・そう)報道官は26日の記者会見で、爆発について「単独の治安事件だ」と述べた。「治安事件」とは一般的に違法デモや暴力などによって社会秩序を破壊することを指す。米中貿易摩擦など政治的な背景から米国を狙ったテロ事件ではないとの見解を当局が示した形だ。

 中国紙・環球時報(電子版)によると米国大使館前では同日午前にも、自分にガソリンをかけて焼身自殺しようとした女性が警察官に連行された。爆発事件との関係は不明だ。米国大使館前は、強制立ち退きなど当局による人権侵害の救済を求めて全国から陳情者が集まっている。

 インターネット上には現場付近で白煙が上がる様子を映した動画が拡散。ただ発生の1時間半後には当局者がモップなどで爆発現場を清掃し、立ち入り規制は解除された。

 現場は米国大使館の南東角付近。発生当時、約100メートル離れた場所でビザ申請手続きの列に並んでいた男子高校生は「爆発が起こり、みんな混乱して逃げ始めた」と振り返った。天津市から来た60歳代の女性は犯人が拘束される現場を目撃。「爆発直後、武装警察の隊員が数人走ってきて、けがをした人を抱えて連行していった」と話した。

このニュースの写真

  • 北京の米国大使館前で爆発 陳情者?26歳男が起爆・負傷 焼身自殺未遂の女性も
  • 北京の米国大使館前で爆発 陳情者?26歳男が起爆・負傷 焼身自殺未遂の女性も

「ニュース」のランキング