産経ニュース

パキスタン総選挙、野党PTIが第1党確実に 地元メディア報道

ニュース 国際

記事詳細

更新


パキスタン総選挙、野党PTIが第1党確実に 地元メディア報道

 【イスラマバード=森浩】パキスタン総選挙(下院選、小選挙区定数272、任期5年)は26日、開票が進み、地元メディアの集計によると、クリケットの元スター選手イムラン・カーン党首が率いる野党第2党のパキスタン正義運動(PTI)が第1党となる見通しとなった。過半数に達するかは微妙な情勢だ。与党パキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派(PML-N)は伸び悩んでいる。

 選挙管理委員会からの公式な獲得議席数の発表はないが、地元放送局ゲオテレビは26日午前4時(日本時間同午前8時)現在で、PTIが114議席、PML-Nが57議席を獲得する見込みだと伝えた。すでに一部のPTI支持者が勝利を確信し、街で党の旗を掲げるなどしている。

 PML-Nや野党第1党のパキスタン人民党(PPP)は、「開票作業で不正が行われている」との声明を発表し、選挙結果を受け入れない意向を示した。

 パキスタンは2院制で、下院の定数は342。272議席が小選挙区で争われ、70議席が女性と非イスラム教徒に比例代表方式で分配される。小選挙区で過半数を獲得すれば、比例区の結果にかかわらず、第1党となる。

「ニュース」のランキング