産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国外務次官が訪朝 休戦協定締結65周年を前に

平壌国際空港に到着し、出迎えに来た北朝鮮の外務省当局者(右)と握手する中国の孔鉉佑外務次官=25日(共同) 平壌国際空港に到着し、出迎えに来た北朝鮮の外務省当局者(右)と握手する中国の孔鉉佑外務次官=25日(共同)

 【北京=藤本欣也】平壌からの報道によると、中国の朝鮮半島問題特別代表を務める孔鉉佑(げんゆう)外務次官が25日、北朝鮮を訪問し、平壌で李吉聖(リ・ギルソン)外務次官と会談した。27日に朝鮮戦争の休戦協定締結65周年を迎えるのを前に、北朝鮮が求めている終戦宣言などについて協議したもようだ。習近平国家主席の訪朝日程を調整した可能性もある。

 北朝鮮は体制保証の一環として早期の終戦宣言を要求するが、米国は北朝鮮の非核化が進まない中で宣言を行うことに難色を示す。中国は自国が参加しない終戦宣言に異を唱えている。

「ニュース」のランキング