産経ニュース

【激動ヨーロッパ】米欧同盟の成果かすませるトランプ氏の攪乱言動 実は重要決定目白押しだったNATO首脳会談

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激動ヨーロッパ】
米欧同盟の成果かすませるトランプ氏の攪乱言動 実は重要決定目白押しだったNATO首脳会談

 今月11~12日にブリュッセルで開かれた北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議は、国防費をめぐるトランプ米大統領と他の首脳の緊張ばかりが目立った。実際にはロシアへの抑止力向上など同盟強化に向けた重要な事柄がいくつも決定されたのだが、同盟をかく乱するようなトランプ氏の強硬な言動が成果を覆い隠し、結果として米欧の「亀裂」を印象づけることになった。(ベルリン 宮下日出男)

 2日目の12日昼、報道陣が詰める施設ではトランプ氏の記者会見が急遽(きゅうきょ)設定され、緊張が走った。国防費増大の再確認など主要議題は11日に共同宣言として採択されていたが、トランプ氏には6月の先進7カ国(G7)首脳会議で承認を事後撤回した“前科”がある。直前の議論の様子が「またか?」との不安を生んだ。

勝利宣言?

 12日の協議ではトランプ氏が別議題の討議中、各国の国防費が不十分だと突然批判を開始した。このため、ストルテンベルグ事務総長が、協議に加わっていた非加盟のウクライナ、ジョージアの両首脳を退席させ、緊急に国防費問題を再協議する異例の事態となった。

 加盟29カ国中、国内総生産(GDP)比2%との目標を満たすのは米英など5カ国のみ。トランプ氏はドイツなど特に比率の低い国をやり玉に挙げ、目標を期限の2024年でなく「直ちに」達成せよと要求。できなければ、米国は「勝手に行動する」とも迫った。

続きを読む

このニュースの写真

  • 米欧同盟の成果かすませるトランプ氏の攪乱言動 実は重要決定目白押しだったNATO首脳会談
  • 米欧同盟の成果かすませるトランプ氏の攪乱言動 実は重要決定目白押しだったNATO首脳会談
  • 米欧同盟の成果かすませるトランプ氏の攪乱言動 実は重要決定目白押しだったNATO首脳会談

「ニュース」のランキング