産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


救助の少年ら無国籍と判明 タイ洞窟、政府対応に注目

 死亡した元海軍特殊部隊員の顔が描かれた紙を囲む、救出された少年ら(タイ保健当局提供、共同)  死亡した元海軍特殊部隊員の顔が描かれた紙を囲む、救出された少年ら(タイ保健当局提供、共同)

 タイ北部の洞窟から救出された地元サッカーチームの少年ら13人のうち4人が無国籍だと判明した。山岳地帯には無国籍者が多く、珍しいことではないが、少年らには海外のサッカーチームから試合観戦の招待が届いており、政府の対応に注目が集まっている。

 タイ内務省や地元メディアによると、無国籍は少年3人とコーチ(25)。少年3人はタイの身分証を持っているが、コーチはないという。

 タイの市民からは「かわいそうだから国籍を与えてはどうか」との声が上がる一方、内務省当局者は「(国籍付与は)通常の手続きに沿って行われるべきだ」と発言。少年らはサッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドから、英国での試合に招待されている。

 タイでは、北部の山岳地帯に住む少数民族を中心に無国籍者が多く存在。地元メディアによると、約44万人に上るとの統計もある。(共同)

「ニュース」のランキング