産経ニュース

イスラム圏で「バレエ」は不道徳? イラクの“舞姫”たちがいま置かれた状況は…

ニュース 国際

記事詳細

更新


イスラム圏で「バレエ」は不道徳? イラクの“舞姫”たちがいま置かれた状況は…

毎年開催されているセレモニーでバレエを踊るバグダッド音楽バレエ学校の生徒たち=2018年4月4日、イラク(AP) 毎年開催されているセレモニーでバレエを踊るバグダッド音楽バレエ学校の生徒たち=2018年4月4日、イラク(AP)

 外信部のいつものルーチンで海外の通信社が配信してくる写真を何気なくチェックしていると、思わず目がくぎ付けになった。バレエのパ・ド・ドゥ(男女2人の踊り)の写真だが、何だかやけに素人っぽい。というか、ちゃんと正規の訓練を積んだバレエダンサーでないのは一目瞭然だ。

 なぜこんな写真をAP通信が配信してきたのだろう? 写真の説明書きには、イラクの首都、バグダッドにある音楽バレエ学校の生徒たちと書かれていた。

 社交ダンスのラテンの衣装っぽい赤いウエアを身につけた女の子の写真をみると、脚は全然アンデオール(脚を股関節から外向きにする動き)になっていない。バレエの先生がみたら、まず間違いなく「脚っ!」と注意されたことだろう。

 もうひと組のほうは、伝統的なクラシック・チュチュの舞台衣装にポワント(トウシューズ)をはいた女性を男性がリフトしているので、上級クラスの生徒かもしれない。

 よくみると男性が履いている黒のトレンカ(つま先と踵が露出するタイツ)は前と後ろが逆のような…。女性の衣装も手作り感を醸し出している。なんだか健気に踊っている姿に胸が熱くなってしまった。

 それにしても、イラクに西欧の文化を教える学校があるなんて驚きだ。しかも恐らく生徒のほとんどがイスラム教徒と思われるが、脚や腕をあらわにした女子生徒が、男子生徒と体を密着させて踊っている。過激なイスラム教徒に狙われはしないかと心配になってしまう。

続きを読む

このニュースの写真

  • イスラム圏で「バレエ」は不道徳? イラクの“舞姫”たちがいま置かれた状況は…
  • イスラム圏で「バレエ」は不道徳? イラクの“舞姫”たちがいま置かれた状況は…
  • イスラム圏で「バレエ」は不道徳? イラクの“舞姫”たちがいま置かれた状況は…

「ニュース」のランキング