産経ニュース

タイ洞窟救出着手、少年らの体力や水位を勘案 当局「最適な時期」

ニュース 国際

記事詳細

更新


タイ洞窟救出着手、少年らの体力や水位を勘案 当局「最適な時期」

 タイ北部チェンライ県で、少年ら13人の救出作業の開始を発表する当局者=8日(共同)  タイ北部チェンライ県で、少年ら13人の救出作業の開始を発表する当局者=8日(共同)

 タイ当局が8日、北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟に取り残されている少年ら13人の救出に着手したのは、少年らが体力を回復して潜水技術を一定程度習得したとみられることや、洞窟内の水位低下、今後の天候などを総合的に勘案し、着手に最適な時期と判断したためとみられる。

 「どんな困難に直面しようとも、少年らは身体的にも精神的にも脱出に向けた準備ができていると確信する」。8日会見したチェンライ県当局者は語った。

 少年らは2週間以上、洞窟内に閉じ込められているが、今月2日に発見されて以降は栄養補給のゼリーなどで体力を回復している。

 少年らは脱出に必要な潜水技術を習得するため、タイ海軍特殊部隊による特訓を受けている。救出の最大の障害となっていた洞窟内の水位は低下傾向にある。

 一方、現地では今週末から降雨が予想されており、洞窟内の水位が再び上昇する前に脱出する必要に迫られたことも、決断の大きな要因だった。(共同)

「ニュース」のランキング