産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


台湾、日本産牛肉輸入で世界首位に

台北の食品見本市「フード・タイペイ2018」で展示された和牛の切り身=6月29日(田中靖人撮影) 台北の食品見本市「フード・タイペイ2018」で展示された和牛の切り身=6月29日(田中靖人撮影)

 【台北=田中靖人】昨年9月に日本産牛肉の輸入を解禁した台湾が、今年に入り輸入量で世界最多となっている。1~5月の累積輸入量は278トンで、過去上位だった香港や米国を上回る。日本食へのなじみが深いことに加え、16年ぶりに解禁された「和牛」人気が背景にあるとみられる。

 台湾当局は昨年9月、BSE(牛海綿状脳症)問題で2001年9月から禁止していた輸入を再開した。昨年11月の輸入量は73トンとなり、1カ月分で香港(65トン)を抜き最多となった。

 今年もほぼ毎月50トン超が続き、1~5月の累積は例年上位の香港(266トン)や米国(158トン)を上回る。輸入部位はブランド牛の霜降り肉など高級品が中心で、店頭価格は100グラム約1000台湾元(約3600円)前後と、日本の倍になることもある。日本訪問者が年450万人を超し、「和牛」の認知度が高いことも要因とみられる。

 日本畜産物輸出促進協議会は6月末、台北で開かれた食品見本市「フード・タイペイ」に解禁後、初めて出展した。強谷(すねや)雅彦事務局長は「輸出量の伸びは予想外。赤身も含めた和牛の味を知ってもらえれば、さらに期待できる」と話した。

このニュースの写真

  • 台湾、日本産牛肉輸入で世界首位に

「ニュース」のランキング