産経ニュース

【緯度経度】南北・米朝首脳会談は「モチの前にキムチ汁からいただいている」と韓国保守派 ソウル駐在客員論説委員・黒田勝弘

ニュース 国際

記事詳細

更新

【緯度経度】
南北・米朝首脳会談は「モチの前にキムチ汁からいただいている」と韓国保守派 ソウル駐在客員論説委員・黒田勝弘

夕食会で言葉を交わす、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=5月27日午後、板門店の韓国側施設「平和の家」(韓国共同写真記者団撮影) 夕食会で言葉を交わす、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=5月27日午後、板門店の韓国側施設「平和の家」(韓国共同写真記者団撮影)

 南北首脳会談や米朝首脳会談の後、韓国では対北協力、支援話が盛んだ。対北制裁状況はまるでそっちのけという印象だ。肝心の北朝鮮の非核化(核放棄)という確証はまだないのだから、いわば「捕らぬタヌキの皮算用」である。

 保守派は「キムチ汁からいただいている」と皮肉っている。韓国のことわざを引用したもので、食事にモチが提供されると早合点し、先に汁を飲んでのどを潤すことを指す。北朝鮮問題に照らせば、モチ(非核化)が食卓に上がる予定もないのに、キムチ汁(支援・協力)の方に関心が向いているというわけだ。

 2000、07年の過去2回の南北首脳会談でもそうだったが、南北関係改善で対北融和ムードが広がると決まってブームに便乗した各種の交流、支援アイデアが登場する。

 大方の韓国人は、今の北朝鮮とは一緒に暮らす気はないし、どこか面倒でイヤな相手と思っている。しかし、そんな「現実」よりも、同じ民族で貧しい相手だから交流や支援はすべきだという「理想」論が先に立つようだ。

 特に伝統的にマスコミや識者は民(たみ)を諭し導くことが大好きで、「南北関係あるべき論」があふれている。

 また、筆者の“韓国人論”でいえば、彼らは日頃から悲観論より楽観論を好む。その方が気が楽だからだ。悲観的な状況はそうなったときに考え対応すればいいのであって、最初から悲観するのは損ということか。せっかくの機会だからと、今回も楽観論で楽しもうとしているようにみえる。

 対北ほんわかムードのなかで、苦笑しながらもいささか深刻になったのは、児童・生徒の「北朝鮮修学旅行」計画だ。このほど与党圧勝で終わった地方選挙の際、同時に選ばれた各地の教育監(教育長)たちが「南北教育交流」の名で推進しようというのだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング