産経ニュース

メキシコ大統領選、オブラドール氏が「勝利宣言」 左派政権誕生は確実に

ニュース 国際

記事詳細

更新


メキシコ大統領選、オブラドール氏が「勝利宣言」 左派政権誕生は確実に

メキシコ大統領選の投票を終え、記者らに向けて語るロペスオブラドール氏=1日、メキシコ市(ロイター) メキシコ大統領選の投票を終え、記者らに向けて語るロペスオブラドール氏=1日、メキシコ市(ロイター)

 【ロサンゼルス=住井亨介】中米メキシコでペニャニエト大統領の任期満了に伴って投票が行われた大統領選挙の開票が1日夕(日本時間2日午前)、始まった。

 地元メディアが報じる出口調査では新興左派政党「国家再生運動(MORENA)」のロペス・オブラドール元メキシコ市長(64)が優勢で、選挙管理当局の発表でも開票率5%の段階でオブラドール氏が得票率約53%でリード。同氏は1日夜、「今日はメキシコにとって歴史的な日だ」と、勝利宣言をした。追う主要2候補もいずれも敗北を宣言し、政権交代は確実になった。

 選挙には4人が立候補。オブラドール氏を中道右派の野党「国民行動党(PAN)」のリカルド・アナヤ前党首(39)、中道右派の与党「制度的革命党(PRI)」のホセ・アントニオ・ミード前財務公債相(49)が追う展開となっていた。

 オブラドール氏は、移民問題や北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉などでメキシコに難題を突きつけるトランプ米政権に強硬姿勢を示しており、今後、対米関係の悪化が懸念される。

続きを読む

「ニュース」のランキング