産経ニュース

【歴史戦】北が在日コリアン差別訴え、拉致は触れず 日本「事実無根」と反論 国連人権理で日朝応酬

ニュース 国際

記事詳細

更新

【歴史戦】
北が在日コリアン差別訴え、拉致は触れず 日本「事実無根」と反論 国連人権理で日朝応酬

 ジュネーブで開催中の国連人権理事会で27日、日本と北朝鮮の間で在日コリアンの人権問題などを巡り応酬となった。北朝鮮が「日本では政府の黙認下、在日コリアンが差別されている」と批判。日本は事実無根と反論する一方で「相互不信を克服する用意がある」と北朝鮮に対話を呼び掛ける場面もあった。

 志野光子駐ジュネーブ国際機関政府代表部大使は、北朝鮮による拉致問題が米朝首脳会談で話し合われたことは「非常に重要だ」と指摘、国際社会に今後の推移を注視してほしいと訴えた。

 北朝鮮代表は拉致問題には触れず、日本は過去の歴史を美化しようとしていると強調。さらに在日コリアンの人権問題を取り上げ「日本はまず過去と現在の問題に取り組むべきだ」と主張した。

 同代表部の中込正志公使が、日本は謙虚に歴史の事実に向き合っており、在日コリアンを差別するような法制度もないと反論。「北東アジアの平和実現のため日朝間の懐疑を乗り越えることが大切だ」と対話の必要性を訴えた。

 しかし北朝鮮代表は納得せず、強制連行や従軍慰安婦問題に触れ「日本の人道犯罪は揺るぎない事実だ」と述べた。対話への呼び掛けにはコメントしなかった。(共同)

「ニュース」のランキング