産経ニュース

米中国防相「リスク管理の必要性」で一致 北の核、南シナ海問題など議論

ニュース 国際

記事詳細

更新


米中国防相「リスク管理の必要性」で一致 北の核、南シナ海問題など議論

北京の歓迎式典に出席したマティス米国防長官(中央左)と中国の魏鳳和・国務委員兼国防相(同右)=27日(ロイター) 北京の歓迎式典に出席したマティス米国防長官(中央左)と中国の魏鳳和・国務委員兼国防相(同右)=27日(ロイター)

 【北京=西見由章】訪中しているマティス米国防長官は27日、魏鳳和国務委員兼国防相と会談し、双方はリスクを管理・コントロールする必要があるとの認識で一致した。また魏氏は、米中間の緊張を高めている南シナ海問題や台湾問題のほか「朝鮮半島の核問題」についても中国の立場を説明した。中国国防省が発表した。

 マティス氏は魏氏に続いて習近平国家主席とも会談した。ロイター通信によると、習氏は「両国が良い関係を築くことができれば世界の平和と安定、繁栄に資する」と述べ、米中関係が世界で最も重要な2国間関係の一つだとの認識を示した。マティス氏は、魏氏との会談について「非常に、非常にいい議論ができた」と評価した。

 米国防長官の訪中は2014年のヘーゲル氏以来、約4年ぶり。28日に次の訪問先である韓国へ向かう。

「ニュース」のランキング