産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


イスラエルがガザ空爆 ロケット弾など30発に報復 

20日、パレスチナ自治区ガザでイスラエル軍の空爆によって立ち上る煙(ロイター) 20日、パレスチナ自治区ガザでイスラエル軍の空爆によって立ち上る煙(ロイター)

 【アンカラ=佐藤貴生】イスラエル軍は20日、同国南部へパレスチナ自治区ガザから30発のロケット弾や迫撃砲による攻撃があったとして、ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの拠点25カ所に報復空爆を行ったと発表した。ロイター通信が伝えた。

 ガザとイスラエルの境界付近では3月以降、在イスラエル米大使館のエルサレム移転などに抗議するデモが続き、イスラエル軍の発砲などでこれまでに少なくとも127人のパレスチナ人が死亡。5月末には、敵対行為を控えるとする事実上の合意がエジプトの仲介で成立したが、再び緊張が高まりつつある。

 ロイターによると、今回の空爆でハマス側の男性2人が負傷した。

 ガザではこのところ、燃焼物を結びつけた凧(たこ)をイスラエル側に飛ばして農地などを燃やそうとする“攻撃”も増えている。

「ニュース」のランキング