産経ニュース

【茨城「正論」友の会】「金王朝が滅ぼされない自信持ち、正恩氏は米朝会談臨んだ」 加藤達也元ソウル支局長

ニュース 国際

記事詳細

更新

【茨城「正論」友の会】
「金王朝が滅ぼされない自信持ち、正恩氏は米朝会談臨んだ」 加藤達也元ソウル支局長

茨城「正論」友の会で講演する産経新聞の加藤達也編集委員=16日午後、水戸市南町(永井大輔撮影) 茨城「正論」友の会で講演する産経新聞の加藤達也編集委員=16日午後、水戸市南町(永井大輔撮影)

 そして、国外要因としてトランプ政権と文政権の誕生が挙げられる。米国の軍事政策を「韓国と日本という人質がいる限り、攻撃はない」と見切り、とにかく「北朝鮮と対話したい」という文氏が大統領となった韓国を、北朝鮮は当面の間盾に、中期的には財布になると判断した。

米国と日本に突き付けられた現実

 米国の中央情報局(CIA)は、北朝鮮が今秋までに米国の東海岸に届くミサイルを完成させると予想している。さらに米国では今秋、中間選挙を控えており、北朝鮮の核の脅威を除去するまでに残された時間は少ない。選択肢は対話か軍事行動だが、どちらを選んでも日本には課題が山積している。

 米朝戦争になれば、反撃能力の有無や憲法上の制約などがある。米朝が妥協した場合、日本に照準を合わせたミサイルを持つ北朝鮮への対応や拉致問題の解決に向けた道筋をつけられるかなどだ。

米朝、日朝間に多くの課題

 米国は北朝鮮の核放棄を信用していない。トランプ大統領の任期中に「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を達成するとしているが、果たして可能だろうか。米朝の関係は非常に不安定で、好転するか悪化するか読めない状態だ。

 一方、日本と北朝鮮の間にも多くの問題がある。最大の頼みは、政府の思い切った行動を促す世論の形成だ。目の前にある事実をしっかり捉え、正しい政治選択を求める有権者であることが重要だ。

「ニュース」のランキング