産経ニュース

米、イランのウラン濃縮増強を牽制 国務省報道官「核兵器への道はない」

ニュース 国際

記事詳細

更新


米、イランのウラン濃縮増強を牽制 国務省報道官「核兵器への道はない」

 【ワシントン=加納宏幸】米国務省のナウアート報道官は5日の記者会見で、イランが濃縮ウランの増産に向けた準備を始めたと伝えられていることに関し、「ポンペオ国務長官はイランがウラン濃縮活動を中止し、プルトニウム再処理の追求をやめなければならないと明確にした。核兵器への道はない」と述べて強く牽制した。

 ポンペオ氏は、米国のイラン核合意からの離脱表明を受けて5月に発表したイランに対する「12の基本的な要求」で、核兵器の原料を手にするためのウラン濃縮を完全中止し、プルトニウム再処理を追求しないよう迫った。

 ただ、イランがウラン濃縮の能力増強について国際原子力機関(IAEA)に通告すると報じられていることから、ナウアート氏はIAEAからの報告を見守る考えを示した。

「ニュース」のランキング