産経ニュース

【米朝首脳会談】米朝首脳会談は12日午前9時開始 米政府発表 制裁は北の非核化まで維持と改めて表明

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米朝首脳会談】
米朝首脳会談は12日午前9時開始 米政府発表 制裁は北の非核化まで維持と改めて表明

 トランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(AP)  トランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】サンダース米大統領報道官は4日、シンガポールで今月12日に予定されるトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による初の米朝首脳会談について、現地時間同日午前9時(日本時間同10時)に開始の見通しだと発表した。

 サンダース氏は、非核化の手順など会談の具体的内容に関する言及に避けつつ、南北軍事境界線がある板門店での米朝実務当局者間の事前協議が「著しく進展している」と述べ、会談の行方を「楽観している」との見通しを示した。

 同氏によるとトランプ氏は安全保障関係の閣僚や補佐官から連日にわたり会談に向けた状況説明などを受けているという。

 サンダース氏はまた、トランプ政権による北朝鮮に対する「最大限の圧力」路線に関し「政権の政策は変わっていない」と語り、北朝鮮が非核化しない限り対北朝鮮制裁を解除しないと改めて強調した。

 トランプ氏は首脳会談の中身について1日、「金氏と会ってあいさつする程度になる」と述べ、一度の会談では核問題に関する最終合意に至らないと示唆したが、米CNNテレビが政府関係者の話として伝えたところでは、会談は「あいさつ以上の内容になる」とし、非核化に向けた具体的な措置で合意もあり得るとの見方を明らかにした。

 一方、シューマー上院院内総務ら野党・民主党議員7人は4日、トランプ氏に書簡を送り、米朝首脳会談では北朝鮮の核・弾道ミサイルの完全放棄につながる合意を結ぶとともに、日本や韓国との同盟関係を脅かすような妥協をしないよう要請した。

 書簡は、非核化の検証に向けて北朝鮮が査察を受け入れることも要求したほか、北朝鮮の人権問題は「同盟諸国の懸念事項でもある」として解決への取り組みを促した。

このニュースの写真

  • 米朝首脳会談は12日午前9時開始 米政府発表 制裁は北の非核化まで維持と改めて表明

「ニュース」のランキング